케이알피앤이

본문 바로가기

케이알피앤이

事業分野

バイオ燃料事業とは?

バイオエネルギーは動植物または派生資源(農産・林産副産物、有機性廃棄物)から生化学的・物理的な変換の過程を経て、従来の石炭、石油などの化石エネルギーを代替できる環境にやさしいクリーンエネルギーのことを言います。

特徴
01

環境にやさしい燃料

化石燃料に比べて二酸化炭素などの汚染物質と気候変化物質の排出量が少なく、排出される二酸化炭素もまた主原料である植物が生長する中で吸収されるため、資源循環という観点でカーボンニュートラルな非常に環境にやさしい燃料です。

02

貯蔵可能な燃料

他の新・再生可能エネルギーの場合、生産可能なエネルギーの形態が電気であることから貯蔵が難しいという問題点があるが、バイオエネルギーは電気だけでなく暖房または輸送用燃料の形でも生産することができます。

類型
  • 固形燃料

    木材や木質ペレット、ウッドチップなど

  • 液状燃料

    バイオディーゼル、バイオ重油、バイオエタノールなど

  • 気体燃料

    バイオガス、バイオ合成ガスなど

  • バイオディーゼル
  • バイオ重油

バイオディーゼル

従来の石油資源(軽油)を代替できる、環境にやさしい輸送用のバイオエネルギー源です。 石油代替燃料として初めて商用化されたバイオ燃料で、輸送用のディーゼル車両、船舶、汽車などの液状燃料として全世界的に活用されています。 韓国の場合、バイオディーゼルの義務混合率が従来の2.5%から'18年3.0%に引き上げられ、バイオ燃料の活用の拡大を支援しています。

バイオディーゼルの主要沿革

2010年12月 第2 バイオディーゼル中長期普及計画の発表(知識経済部)

2011年12月 バイオディーゼルの免税解除(企画財政部)

2012年 混合率2.0%義務化(産業資源部告示)

2014年11月 バイオディーゼル義務混合率施行令の立法予告

2015年7月 RFS施行令の発効(バイオディーゼル義務混合率2.5%)

2018年1月 バイオディーゼル義務混合率3.0%引き上げ調整の施行

* Renewable Fuel Standard
輸送用燃料供給者(混合義務者)に対して従来の化石燃料(軽油)に一定比率のバイオ燃料(バイオディーゼル)を混合して供給することを義務付けている制度。

2002年 ワールドカップ開催に伴う大気質の環境改善政策の一環として開始(産業部、環境部)

2002年5月 ソウル及び首都圏を中心にモデル普及(BD20)

2006年7月 石油精製会社を通じたバイオディーゼル全国普及開始(商用化、軽油0.5%混合)

2007年9月 バイオディーゼル普及計画の立案(産業資源部の他4部処)

バイオディーゼルの原料は?

同植物油脂副産物/廃棄物,
廃油などの非食用廃棄物を主原料として製造されます。

바이오디젤
バイオディーゼルのメリット

再生可能原料から生産されるため、エネルギー資源枯渇の問題がありません。

従来の軽油に比べて大気汚染物質の排出量を40~60%低減できます。

従来のディーゼルエンジンを改造することなく使用できます。

家庭や工場からの廃油を再利用することで水質汚染を減らせます。

国内の廃油などを再利用することで軽油の海外依存度を低減できます。

バイオ重油

従来の石油資源(重油)を代替できる環境にやさしい発電用のバイオエネルギー源です。韓国で世界初の商用化が行われ、現在暖房や発電用の液状燃料として利用されており、最近海外では輸送用燃料としての利用が検討されています。石油代替燃料及び新・再生可能エネルギー源としての法的地位を認められ、RPS制度に基づくRECを確保することができます。

バイオ重油の主要沿革

2013年12月 発電用バイオ重油の商用化研究推進団を構成(発電5社+石油管理院)

2014年1月 発電用バイオ重油普及モデル事業推進に関する告示(産業資源部)

2016年12月 バイオ重油普及モデル事業を延長(~18.12.31、産業資源部)

2018年6月 新・再生可能エネルギー開発利用普及促進法を改正、REC付与(産業資源部)

2018年12月 石油及び石油代替燃料事業法施行規則を改正(産業資源部)

2018年12月 性能基準補完のためのモデル普及期間を延長(~19.3.14、産業資源部)

2019年3月 石油代替燃料の品質基準と検査方法を改正(産業資源部)

2019年3月 バイオ重油の本格商用化施行(産業資源部)

バイオ重油の材料は?

動植物性油脂の副産物・廃棄物、廃油、バイオディーゼルmp生産副産物などの非食用廃棄物を主原料として生産される環境にやさしい新・再生可能エネルギーです。

バイオ重油のメリット

再生可能原料から生産されるため、エネルギー資源枯渇の問題がありません。

従来の設備を追加の改修・補修することなく利用できます。

発電用のB-C油(重油)を100%代替できる環境にやさしいエネルギー源です。

  • SOX(抗酸化物)排出量95~100%低減
  • NOX(窒素酸化物)排出量50%以上低減
  • CO2(二酸化炭素)排出量100%以上低減
  • 微細ホコリ(PM2.5)90%以上低減

家庭や工場からの廃油を再利用することで水質汚染を減らせます。

国内の廃油などを再利用することでB-C油の海外依存度を低減できます。