케이알피앤이

본문 바로가기

케이알피앤이

事業分野

太陽光発電とは?

太陽電池で構成されたモジュールと蓄電池、電力変換装置などを介して 太陽からの光を電気に変換すると、生産することを意味します。

出典:再生可能エネルギーコリア

太陽光発電の原理
태양광발전 원리 태양광발전 원리
太陽電池

太陽エネルギーが入射して電流を生成

接続箱

モジュールで発生した直流(DC)電力を集めてインバーターに伝達

インバーター(INVERTER)

太陽電池で生産された直流電気(DC)を交流電気(AC)に変換

蓄電池(BATTERY)

昼間に生産された電気を夜間に使用できるように電気を貯蔵

モニタリングシステム

システムの状態を把握し、故障や異常を診断

太陽光発電のメリット

太陽からの光をエネルギー源として活用するため、無限かつクリーンで、環境汚染物質を排出しません。

化石エネルギーの枯渇に備えられる、世界的に最も有望な代替エネルギー源の一つです。

建設期間が短く、需要の増加に迅速に対応できます。

構造的に安全な建築物の屋上または開発可能な土地などへの設置が可能です。

他の発電施設に比べてメンテナンスが簡単で、約30年程度の長期間運用が可能です。

韓国の太陽力発電産業の状況

韓国の太陽光発電設備の容量は、’10年以来年平均38.8%の成長を遂げ、’17年現在1,214.8MWまで成長しました。設備台数は’10年の228台から418と約1.8倍に増加しています。 2017年産業通商資源部が発表した再生可能エネルギー3020によると、全体発電設備容量に占める新・再生可能エネルギーの発電設備容量の割合は33.7%(’17年9.4%)まで拡大し、また全体発電量も20%(’17年6.2%)まで拡大するという発表がなされ、今後高い成長が見込まれています。

국내 태양광발전산업 현황

出典 : 韓国電力取引所

국내 태양광발전산업 현황

出典 : 韓国電力取引所