케이알피앤이

본문 바로가기

케이알피앤이

事業分野

燃料発電事業とは?

燃料電池の強み 燃料電池技術は、水素と酸素の化学反応から生じる化学エネルギーを直接電気エネルギーへと高い発電効率で変換させる技術で、電気と水を生成させる新・再生可能エネルギー技術です。

特徴

燃料電池は従来の発電方法とは異なり、燃料の燃焼によるエネルギー変換の過程を経ることなく、そのまま電気を生産するため、エネルギー損失が少なく、発電効率が高い。燃料電池の発電原理は下図のとおりです。

[燃料電池の発電原理]

Reaction Process of Fuel Cell (Example)

1スタック(Stack)の燃料極に水素を供給して水素を水素イオンと電子に分離

2水素イオンは電解質層を通じて空気極に移動

3電子は外部回路を通じて空気極に移動しながら電流を生成

4空気中で酸素イオンと水素イオン、電子が会って反応生成物である水を生成

出典:韓国エネルギー公団新再生エネルギーセンター

燃料電池の強み

発電効率が高い

燃料電池は従来の発電方法とは異なり、燃料の燃焼によるエネルギー変換の過程を経ることなく、そのまま電気を生産するため、エネルギー損失が少なく、発電効率が高い。

従来の化石燃料のタービンによる発電の発電効率は30~35%の水準であるが、燃料電池の場合、発電効率が45~60%であるだけでなく熱効率も30%以上で、計80%程度の高効率かつ経済的な方法。

環境にやさしい

燃料電池は水素と酸素の電気化学反応により電力が生産され、その生成物は電力、水及び熱だけであるため、環境汚染がほとんどない無公害エネルギーと言える。さらに、騒音も火力発電所に比べて著しく低い65dB水準。

地域的な制約が少ない

燃料電池は、モジュールの形で制作できて発電規模の調整が容易であり、また規模によるエネルギー転換効率の差が大きくなく、用途に応じて多様な規模に制作して活用できるため、設置場所の制約が少ない。

燃料電池市場

燃料電池市場は新エネルギー技術とされ、米国、日本、EUにおいてグリーン産業として育成されながら堅固な成長を続けている。

グローバル燃料電池市場は2015年に60,000台以上出荷、総電力規模300MWを突破しているが、これは出荷量と電力規模の側面で2012年に比べて2倍以上の成長である。

米国の燃料電池メーカーはこの燃料電池を韓国に輸出しているが、これは燃料電池出荷量の20%ほどを占めている。

地域別の燃料電池出荷量をみると、2015年アジア地域の出荷量が2014年50MWから2015年100MWへと2倍以上増加している。

[アプリケーション分野別グローバル燃料電池出荷量推移]